ロゴ

シロアリ被害を徹底調査

シロアリが発生しやすい条件

シロアリ

食べ物が豊富

木材など、シロアリの食べ物になるものが豊富にある場所はシロアリが発生しやすいです。そのため、建物にも寄ってきやすいのです。

水分がある

乾燥を嫌うシロアリは、じめじめとした水分が多い場所を好みます。濡れている場所や湿気が多い場所は要注意です。

居心地が良い

乾燥や外敵から身を守れるような場所はシロアリが好みます。外敵がいない場所、狭い場所、暗い場所、風通しが悪くじめじめとした場所などが狙われます。

シロアリが発生しやすい場所とは?

no.1

浴室などの水まわり

水まわりは水分が豊富にあるため、シロアリの被害に遭いやすいです。トイレ、浴室、キッチン、洗面所などがありますが、中でも特に浴室は被害が多いと言われています。浴室はほとんど毎日使用しますし、壁、床、サッシの隙間などに水分が付着したままになることも多いです。また、お湯を使うため暖かくなり、シロアリが活動しやすくなります。

no.2

雨漏りをしている場所

水まわりではなくても、雨漏りが起きている場合は水分が多くなります。そのため、雨漏りをそのままにしているとシロアリが発生しやすいです。雨漏りを見逃さないように調査を行い、発見したらなるべく早めに雨漏り修理を行いましょう。

no.3

玄関まわり

シロアリは通常土の中で暮らしています。そのため、地面との距離が近い玄関まわりは被害に遭いやすい場所です。玄関のドアや柱には木材が使われていることも多いため狙われやすいです。特に、玄関まわりに水を撒いて掃除する家庭は注意しましょう。

no.4

ベランダ

ベランダはシロアリなど様々な虫が寄ってきやすい場所です。特に、室外機から排水される水や雨水がベランダに溜まっている場合シロアリ被害に遭いやすいので注意しましょう。また、ガーデニングを行っている場合や木材をベランダに置いている場合、シロアリのエサになるため被害に遭いやすいです。

no.5

ウッドデッキ

ウッドデッキはベランダや庭に設置されることが多く、木材が雨風にさらされることでシロアリが寄ってきやすくなります。防水加工などが施されている場合でも、メンテナンスを怠ると木が腐り、シロアリ被害に遭うのです。ウッドデッキを設置している場合は被害に遭っていないかこまめに調査してください。その他、シロアリが寄りつきにくい素材を使うことも効果的です。