ロゴ

シロアリ被害を徹底調査

日常的に調査しましょう

業者に依頼すると本格的なシロアリ調査を行ってもらえますが、自分で日頃からできる調査方法もあります。普段から注意しておくことで早期発見に繋がりますよ。

自分でできるシロアリ調査~侵入した可能性が高いポイントをチェック~

no.1

蟻道や蟻土がある

シロアリは光や風を嫌うため、移動する際は身を守るために蟻道を作ってその中を移動します。蟻道というのは土や排泄物でできたトンネルのようなものです。その他、光を遮るために蟻土と呼ばれるものを隙間に詰めることもあります。基礎コンクリート、束、土台などに蟻道や蟻土がある場合、侵入されている可能性が高いです。

no.2

建物に異常が見られる

建物の内部で起こるシロアリ被害は見た目では判断しにくいものですが、被害が酷くなると異常を感じ取れるようになります。床が浮いている感じがしたり、扉の立て付けが悪くなっている場合、シロアリに内部を食べられているかもしれません。

no.3

シロアリがいた痕跡がある

シロアリの糞は乾燥した粉のような形状をしています。家の中や家具の周りに糞が落ちていないか調査しましょう。
その他、家の中で大量の羽が見つかった場合も侵入されている可能性が高いです。

no.4

空洞音がする

シロアリは木材の中でも柔らかい部分を好むため、外側を残して内側だけを食べることが多いです。一見被害がないように見える建物でも、内部は食べられているかもしれません。ハンマーなどで木材を叩いて空洞音がしないか調査してください。

no.5

羽アリがいる

春~夏にかけて羽アリが飛び立つようになります。家の周りで羽アリが飛んでいる様子を見かけたら家に侵入している可能性もあります。建物の周囲やシロアリが寄ってきやすい場所を調査しましょう。

要注意!こんな家が狙われやすい

巣

通気が悪い

通気が悪い家はじめじめと湿気が溜まりやすいため、シロアリが寄ってきやすいです。例えば、床下が低い家や換気口が少ない家は風通しが悪いため要注意です。

屋上ガーデンがある

屋上の活用方法の一つにガーデニングを行うというものがあります。しかし、土や植物が多い環境はシロアリを呼び寄せやすくなります。また、ガーデニンググッズで木製のものを使っていたり、ベンチを設置していると被害に遭いやすいです。屋上から室内へ被害が広がることも多いので注意しましょう。

川、池、井戸などの近くに建っている

家の近くに川、池、井戸などがある場合、周辺の地下水位が高いため水分を多く含んだ地盤になります。水分が多い地盤にはシロアリが多く住んでいますし、床下の湿気も高くなるため被害に遭いやすいです。床下調査をしっかり行いましょう。

枕木や木製のグッズを置いている

枕木や木製の柵などは設置するとおしゃれになるため人気があります。しかし、外に設置する木製のグッズは雨風にさらされるためシロアリのエサになりやすいです。特に、地面に接している場合は要注意です。

廃材などを家の周りに放置している

日曜大工を行う人や、いらなくなった家具がある人の中には、廃材や家具を家の周りに置くことがあります。地面に直接置いている場合は特に被害に遭いやすいです。また、廃材が建物と近い場合建物へ侵入する可能性も高くなるので注意してください。